記事一覧

パーラシア解剖記

snapshot_20170718_011637.jpg
可愛い虫から可愛い動物まで。
パーラシアは本当に乗り物に困りません。



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
まずはこちらの画像をご覧ください。



snapshot_20170717_004050.jpg
左上は他ハンターと貴重品の売買に使うギフトポイントと呼ばれる通貨。
右上はお金で買えないモンスターの素材などとの交換に使う特殊なコイン。
左下は回復アイテムやEXP上昇アイテムといった雑貨屋的な場で使用するチケット。
そして最後に残った右下が通常の通貨になります。

今回触れるのは右下の通常通貨についてです。
面倒なら他3つは忘れてしまっても構いません。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
あのさ、他3つだけで欲しい物なんでも手に入りそうじゃん。
通常通貨の必要性あるの?



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
もちろんあります。
武具の製造や改造、武器修理で大量に使います。
その金額が尋常ではなく、ギフトポイントではなく通常通貨で他ハンターと取引を行う事も多いです。
1000銀=1金で、この画像では768金345銀となりますね。
高額武具の改造1回で全て消し飛ぶ程度の金額です。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
なるほど、完全にいらない子というわけじゃないんだ。
で、その金銀がどうしたっていうの?



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
ちょっとおかしいと思いませんか?
金貨、銀貨ではなく金銀なんです。
ここから察するに、パーラシアでは金塊銀塊を使って取引を行うわけでしょう。
目方で測った金の延べ棒で斧を作ってもらうとか、紀元前4000年の古代エジプトレベルの文明水準と言わざるを得ません。
地球では紀元前600年頃には既に硬貨は存在していたというのに。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
金塊片手に斧を振り回すとか完全に古代の蛮族だよ。
大丈夫な世界なの?



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
しかし銃が存在するので、火薬技術が存在する事は確かです。
硬貨を量産する鋳金技術は無いと思われます。
なのでここで言う銃は、金属部品が必要不可欠な火縄銃以前の物です。
おそらく弾丸にロケット花火のようなものを括りつけて発射するのでしょう。
火車と呼ばれる朝鮮の兵器と同じ原理です。火薬の消費量は激しいですが、これで銃のようなものが存在する事はおかしくなくなります。
クエストは掲示板に貼られたものを見て受注するのですが、複数個所に同じクエストは存在しません。
という事は活版印刷での量産はまだできないと考えられます。
ヨーロッパには火薬は紀元1200年頃、活版印刷は紀元1500年頃に広まっています。中国はそれより早いですが、例外と見ておきましょう。
これはパーラシアの文明水準が分かってきましたね?



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
凄い絞れたね。
あっ、でもヘリあるみたいだね。
飛行船で大陸間移動もやるっぽいし。
これはどう考えたらいいの?



ss20170322_183717_20170624014945f8a.jpg
それでは次回まで御機嫌よう。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
御機嫌ようじゃないんだよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント