記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんのブブリ

snapshot_20171217_011838.jpg
ブブリに降格した男、天才機工士バート。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
新年あけましておめでとうございます。
年末辺りからやる事ができてしまって忙しいけど、それはそれとしてモンスターの虐殺は続けていくぞ。
さて、本日は一体何の話をするんだね。



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
今日はレムリア戦線についてです。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
よく放送で流れてヤツだね。



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
クエストをクリアしていくうちに、
・自由ハンター同盟
・ハンター共和連邦
この2つの陣営のどちらかに属した事でしょう。
レムリア戦線ではその2チームに分かれての大人数対人戦です。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
PvPっていうと抵抗があるよね。実際どうなの?



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
あまりにも人が多いのであまり対人という感じがしませんね。
PTプレイの延長線上にあるような感覚です。
まず、敵を倒せば倒すだけ偉いというルールではないので、役立たずになることはあっても足手まといになることはあまりないです。
ダメージを与えられないし撫でられるだけで死ぬという人でも、問題はないです。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
へぇ。
そう言われると抵抗が減るね。
で、参加するメリットはあるの?



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
参加することでBP(バトルポイント)が入手でき、これによって強力なアイテムを購入できます。
狩りでも対人でもとんでもなく役に立つアイテムが揃っているので、是非とも手に入れたいです。
商人がパーラシアの南部にいるので覗いてみると良いでしょう。



ss20170319_004709_20170624014941ca8.jpg
メテオ効果の付いた衣装とかあるね。確かにあれは良いよね。
ではそのルールとやらを教えてもらえないだろうか。



snapshot_20171226_214646.jpg
まずマップを見てもらいましょう。
赤陣営は北東、青陣営は南西がスタート・リスポーン地点となります。私は青陣営なので、青陣営の砦に赤いマーカーがありますね。

ここに、
・狼の牙要塞
・流砂前線
・中央拠点
・緑林前線
・鷹の爪要塞
という5つの見慣れないアイコンがありますね。
これらの拠点の奪い合いが勝敗を分けます。
単純に、最終的に持っている拠点数が多い方が勝ちです。
勝利するとBPが大量にもらえるので、やはり勝ちたいですね。

拠点の奪い方について。
各拠点には塔が建っており、その周囲で生存しているとゲージが溜まっていき、MAXになると奪取できます。
当然、取られた拠点は奪い返せます。
拠点の取得状態によって両陣営の砦にワープポイントが出現するのですが、これだけは注意してください。
中央拠点を占領すると敵砦に自陣の後背地へのWPが開き、敵の進軍速度が著しく伸びます。
これにより逆転されることがあるので、慣れないうちは無視した方が無難です。

どんなに戦闘能力が無くとも、生きて逃げ回るだけで拠点が取得できて大きなスコアが入ります。
敵を倒すより大きな収入になるので、戦うより走った方が稼げるという優しい仕様です。もちろん、走りながら戦えばもっと入りますが。



snapshot_20171226_214647.jpg
中央拠点以外の4つの拠点には、初期状態ではボスが配置されています。
この画像で青になっている拠点には青の味方ボス、赤になっている拠点には赤の味方ボス。
彼らに一発でもダメージを与え、討伐時に生存していると、大きなボーナスが貰えます。
そこで、開始直後はこのように動くことになります。
かなりの移動速度がなければボス討伐に間に合わないので、移動速度上昇アイテムは必須に近いです。
ボスとの戦闘は味方が密集するので、敵襲撃者にとってはかき入れ時です。気を付けましょう。



ss20170322_183651_20170624014942c77.jpg
生き抜くための立ち回りですが「敵の攻撃が来ない所を予測して位置取る」というものになるでしょう。
本隊についていきながら、その中でも死ににくそうな場所を探すわけです。ここは慣れてくださいとしか言えません。
マップを開くと自軍の指揮官の位置が表示されるので、その方についていけば大丈夫です。



ss20170322_183717_20170624014945f8a.jpg
今回はこの辺りにしておきましょう。
まだ情報が足りないとは思いますが、それについてはまた今後ということで。
それでは次回までごきげんよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。