記事一覧

第1回奈落進行

今回は第1回奈落進行の様子をみんなに伝えたいと思う。
全力を尽くしたためスクショを撮っていないので文字だけの記事だが、気楽に楽しんでくれ。
(正確には数ヵ月前に一度行っているので第2回なのだが、
あまりにも状況が変わっているので第1回とさせてもらった)



今回のスタートは135F。
まだまだ序盤どころか入り口と言っても差し支えない。
敵の強さは回廊下層とさほど変わらない程度だ。
複PCではないが憑依3ヶ所とイリスカードを差した私の敵ではない。

手伝いに来てくれた方々があらゆる敵をなぎ倒す。
私はといえば、周囲の敵にフリブラを無心で撃ち込む作業だった。1日1万回の感謝のフリークブラスト。
沈黙と毒を入れることで敵を無力化していくわけだ。
ディビクラも入れば御の字だが、確認が面倒なので毒と沈黙を入れることに尽力した。
階層移動直後にはディバインとCSPDコミュ、SUにAAをかけておく。
次回からはエナジー・マジックバリアも取得し、タンクへの支援能力も上げておこう。
無論、ディバインの高い除算上昇値もほしいのでバリア3種取得の構え。
なお、フォースシールドは取得していない。
ダメージを受けなければ発動しないバリアなんて即死の危険が大きい奈落では不要だ。

そうして何の問題もなく140Fに到達。
宝箱かボスのいずれかが出るわけだが、今回はボスだった。
出てきたのはアヴァドンスコーピオ。デカいサソリだ。
無限回廊中層にもサソリ型のボスは居るが、強さは段違い。
メイルシュトロームの威力は高く、
デフィートも合わせて使用してくるためダメージは跳ね上がる。
取り巻きはディバインバリアにデッドリーアタックに、
なかなか鬱陶しいスキルを使ってボスの援護をする。
このボスはデバフを入れられると使用スキルが変化し、非常に凶悪になる。
よってフリブラの使用は厳禁。
私の仕事はデフィートによって消されるディバインの連打と取り巻きの隔離だ。
アヴァドンスコーピオは奈落ボスの中では戦いやすい方なのだが、
みんな割と適当に戦った事でなかなか激しい戦いとなった。

とはいえ危機に陥る事はなく撃破。
ボスを倒すと自動的に手持ちへアイテムが追加されるのだが、
何を入手したか覚えていない。ゴミだったことだけは間違いない。



次のログポイントは145F。全く問題なく到達。
あまり時間が経っていなかった為、進行を続行。
ここまで敵もさほど強くなかったので問題はないだろう。

と思ったら憑依抜きスキルで服が脱がされてしまった。
しかもそれに気付かず階層を移動したことにより、
ここからは半裸で進行する羽目になってしまった。

当然防御能力は落ちる。
魂補正だけでなく、イリスカードの効果も一部だけになった。
HP+1000、ダメコンLv2、コンバットエンジニア、DEF+10が消え、
HP+15%がHP+10%へ低下した。
しかしそれでも問題なく、死にもせず150Fボスのサンドベルクを撃破。
その後も問題なく160Fの宝箱部屋を通過した。
むしろこれで死ねないって、お前らの介護力なんだよ。

とはいえ死にかけることは多々あった。敵の一撃がなかなかつらい。
ここでマリオネットの加護によるHP+10%と時空の導き手によるHP+15%を
重複させていたことが生きてくる。
胸、鎧のどちらかを抜かれてもHPの低下が最小限で抑えられるわけだ。
なお、抜かれた装備を忘れずに拾えば何の問題もない。



165Fからはお手伝いに来てくれた方の1人からスーツタイプの防具、ジェネシスをお借りした。
強化、穴開けもされており、非常に強力な防具だった。見た目が虎スーツだったのが謎である。

鎧がなくても問題なかったのだから、強化されたスーツを着れば余裕である。
170Fのアビスマスクを数十秒で蒸発させ、175Fへ到達した。



そこで第1回の奈落進行はここまで。
2時間強の戦いにお付き合いしていただいて本当にありがとう。
これからもどんどん進めていくつもりなので、この記事を読んでいるみんなも気軽に参加してほしい。
そんなところで終わりだ。
なお、奈落進行日記はシリーズ化の予定は無い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さあこ

管理者:さあこ
Freesiaサーバーのさあこです。
いつもどこかで狩りをしています。
地球最強のフォースマスター目指して
1日1万回の感謝の素振りを行っていません。

110デュアル:Er,As,So,St

ツイッター

カウンター

リンク

たびたび、ゆらり
はちみつとくま。


エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ

バナー

ふぉまたんころころ